退職金制度提案

退職金の手立て

労働基準法では、賃金について毎月の定例給与を時間あたり最低賃金以上支払うこと、

法定労働時間を超えて働かせたときの割増賃金を支払うことを義務づけています。

しかし、企業がそれらだけを守っているからといって良い人材を求めることは困難です。


退職金とは?

一般的に退職金は、①賃金の後払い、②生活保障、③功労報償という3つの性格を併せ持つといわれています。そして今後はよりこの退職金の位置づけが今後の良い人材確保に大きな影響を及ぼすといえるでしょう。


●退職金制度の見直しの提案

退職金制度を見直すポイントは次の3つがあります。

退職金制度の必要性

退職金の計算方法

退職金の資金準備方法(ファンド)

こういった退職金についての見直し及び設計というご提案を

アテンド合同会社がお手伝いさせていただきます。