労災上乗せ保険

労災上乗せ保険の必要性

多発する労働災害に対して政府労災保険だけでは補償が足りないことが多々あります。

労災保険では、

治療費のほぼ全額と休業補償として毎月の定例給与の約60%や障害補償年金あるいは遺族年金補償の支給があります。しかし、見舞金や使用者側に過失が認められた場合の慰謝料までは補償をしていません。そのために万一労働者が労災事故に起因した訴訟により使用者を相手取った労災賠償まで発展してしまうとその費用は甚大な金額になる可能性があります。


もし使用者に過失場ある場合

最近は労働者及び遺族の権利意識が高くなり、業務中の怪我・疾病に対して訴訟をして賠償を求めるという自称が増加しています。これらに対して使用者側が何の手立ても保たないままにいると損害賠償金だけでなく、訴訟に対応する時間・手間・精神的負担・社会的影響など使用者にとっては二重、三重にもなるマイナス効果をもたらしてしまうのです。


業務に起因する事故は、いつ実際に起きるかもしれません。そのためにリスクに対して未然防止策として現場管理を日々見直す体制をとるとともに事後対策としての労災上乗せ保険は必要不可欠なものではないでしょうか。