人事・総務ご担当者さまへ

人材紹介業

職業紹介とは

職業紹介機関が行う職業紹介は、求職者がその有する能力を発揮できるよう、又求人者が必要とする労働者を雇用することができるよう寮舎の雇用関係が、円滑にまとまるように調整する仕組みのことをいいます。

① 求人登録

まず、お電話もしくはお問い合せフォームにて資料請求をしてください。当社求人登録シートに貴社の求めているスキル、職務遂行能力、資格、労働条件など規定事項を確認し求人票の作成を行い、業務委託内容を確認後契約いたします。

 

② マッチング

貴社の条件に該当する求職者を選出し、コンサルタントが求職者に情報を提供し、応募の意思を確認、動機付けを図ります。求職者の履歴、職務経歴書等を貴社に提示します。登録されている求職者で適切な人材がいない場合は、当社より募集をかけさせていただきます。

 

③ 求人企業による選考

書類選考、面接・テストなどのスケジュールや意見・条件を当社が調整し、貴社と求職希望者との面接・テストの場を設けさせていただきます。

 

④ 採用決定・入社承諾

人材紹介の成立。求人企業からの選考を受け、当社から求職者先方へ連絡します。不採用の場合は引き続き人材の紹介をいたします。

 

⑤ 紹介手数料の支払い

契約に基づく紹介手数料のお支払。

費用について

当社の紹介システムは成功報酬型ですので、登録料、事前契約金、申込金等は一切必要ありません。また求職者のご紹介や相談、助言等に関わる費用ついても無料です。採用内定時に、紹介手数料を申し受けます。

当社を利用するメリット

紹介させていただく人材は、当社の求職登録者の中より即戦力として活躍できる人材を厳選して紹介いたします。また該当者がいない場合、当社からの募集も行いますので、より幅広い対応が可能です。

企業が行っておられる一次面接までの手もあを肩代わりさせていただくつもりで休職者と対応しておりますので、採用担当者の時間、労力などの軽減が図れます。

企業サイドの条件、要望、内容を十分に理解した上で人材の紹介をさせていただきますので、よりニーズに合った形で専門的な人材をご紹介できます。

 

退職金の手立て

労働基準法では、賃金について毎月の定例給与を時間あたり最低賃金以上支払うこと、法定労働時間を超えて働かせたときの割増賃金を支払うことを義務づけています。しかし、企業がそれらだけを守っているからといって良い人材を求めることは困難です。

退職金とは?

一般的に退職金は、①賃金の後払い、②生活保障、③功労報償という3つの性格を併せ持つといわれています。そして今後はよりこの退職金の位置づけが今後の良い人材確保に大きな影響を及ぼすといえるでしょう。

●退職金制度の見直しの提案

退職金制度を見直すポイントは次の3つがあります。

退職金制度の必要性

退職金の計算方法

退職金の資金準備方法(ファンド)

こういった退職金についての見直し及び設計というご提案をアテンド合同会社がお手伝いさせていただきます。

セクハラ・パワハラについての企業外相談窓口

使用者の法的責任は、「職場の人間関係」という問題だけでは済まされません。

 

男女雇用機会均等法第21条では、職場における性的な言動に起因する問題(セクシュアルハラスメント)に関する雇用管理上の使用者が配慮すべき事項が定められています。また、平成18年5月に会社法が施行され内部統制構築義務が明文化されています。

 

例えば、管理職が部下に対して指導をする際に、人格否定を含むような言動が認定されればパワーハラスメントとなります。そしてこの管理職が個人として不法行為責任を問われるだけでなくそれを黙って見過ごすと、安全快適な職場環境を作るという使用者の債務不履行責任が問われるのです。

 

アテンド合同会社では、上記のような事件が起こる前に、パワハラセクハラの正しい知識教育、管理職への教育・職場環境改善セミナーなどに加え、現役社会保険労務士が相談員を受け、セクシュアルハラスメント、パワーハラスメントに関する相談・苦情を事業主に変わり受け付けて、その内容や状況に応じ適切かつ柔軟なアドバイスと企業対応を相談いたします。

企業外相談窓口を設置するメリット

外部相談窓口を設置することにより、安心して相談が可能です。

結果、早期に対応することが可能です。

終業時間外にも開設するので利用の促進が図れます。

労働者が安心して働くことができる職場としてアピールできます。

企業のリスク管理対策としての紛争の未然防止に役立ちます。